family_isan_arasoi

204: 名無しさん@おーぷん[sage] 2014/05/21(水)23:44:21 ID:sBcYqkf7r [1/1回]
友人から聞いたご両親の修羅場。
視点を友人父にするとすっきりするので、以後友人父をAさんとして書きます。

Aさんは幼少時に父を事故で亡くし、母子家庭で育った。
中学生の時に母が資産家の継父と再婚、3人の兄妹がいきなり出来た。
長男・長女・次男、でAさんが三男。上2人は高校生。

しかし3人はAさんを妾の子として嫌い、いじめ抜いた。
妾の事実はなかったので、継父も何度も諫めたが聞き入れなかった。
針のむしろに耐えきれず、A母に勧められAさんは県外の大学に進学。
そのまま就職・結婚した。
その間にA母は病を得て亡くなっていた。

Aさんは子供2人に恵まれ幸せに暮らしていたが、ある日継父が病魔に倒れた。
呼び戻されたAさんを兄妹たちは罵り、遺産相続を放棄しろと迫った。
それはAさん自身望んでいたことだったので、継父とも相談して相続放棄が決まった。

やがて継父が危篤になったがAさんは立ち会いに呼ばれず、自宅で訃報を受け取った。
通夜に出るために支度していると、長女が突然訪ねてきた。
いわく「相続は法律で決められた権利。自分の分を受け取れ」
Aさんは驚き、自分は十分生活していけるから必要ないと言うと
「誰がお前の話をしている。相続したら全部わたしに寄越しなさい」

つまり、相続人が3人なので三等分だが、Aさんも相続すれば四等分。
しかしAさんの分もゲットできれば、半分が貰えるのだ! ということに気付いたらしい。

唖然としながらも、既に相続放棄をしたと話すが逆ギレされて話にならない。
しかも翌日にはあっという間に他の兄妹に話が知れ、3方向+α(甥姪他)からも責められて大変だったらしい。
結局は三等分になったわけだが、欲深い兄妹は「半分貰えるはずが三分の一になった!」という恨みばかりが残ったらしく、Aさんはとうとう夜逃げ同然で家族全員で逃げたのだそう。


…という修羅場を「わたしのうち、昔夜逃げしたのよー」とあっけらかんと話されたので、許可取って書いてみました。

209: 名無しさん@おーぷん[sage] 2014/05/22(木)09:04:10 ID:GiPHlHSc6 [1/1回]
確か、相続放棄は相続が始まってから(つまり、親が亡くなってから)でないと手続きできない。亡くなる前に何か一筆書かされていたとしたら、
法的拘束力を持たない念書か、日付が空欄の公式書類だったのかも。
「既に放棄した」と言っても、おそらく正式な手続きが済んだわけではなかっただろうから、兄妹たちはごねたんだろうね。
いずれにせよクソだけど。

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その2】