pose_sugoi_okoru_woman

868: 名無しさん@おーぷん[sage] 2019/02/21(木)23:10:46 ID:N6Z [1/2回]
やっと離婚成立。
結婚12年目、できれば娘が大学生になるまでと思ってたけど
義妹が娘を蹴飛ばしても文句も言えないようなシスコンの旦那にはほとほと愛想が尽きた。

早朝だろうか夜中だろうが夫婦喧嘩の度にうちに来る義妹、
もう30も半ばで何やってんのと思うし、来る度にうちの生活ペースを乱されて
私だって仕事してんのに、もうほんと勘弁してほしい。
義妹の旦那さんが謝って迎えにくるまで出ていきやしない。
新婚の頃は数時間で迎えに来てたのも、徐々に何日も迎えに来なくなり
時には「週末まで預かってて」とか旦那さん側から言われる始末。

うちに来て居候らしく家事でもするかと言うと完全にお客様の態度。
仕事に出ようとすると「私のお昼はぁー?」って言われて
「はぁ?子供じゃないんだから自分で食べれるでしょ」って出てきたら
旦那に告げ口されて「菓子パンでも何でも買っといてやれよ」だって。
「あんたが用意しなさいよ」って言ったら「おまえは冷たい」って。
洗濯カゴに当たり前のように汚れた下着を放り込んでたから
「自分の下着ぐらい自分で洗って」って言ったら
旦那に告げ口されて「一緒に洗ってやってもいいだろ」
「下着ぐらいって言うなら、お風呂で洗えば済むことでしょ」
「おまえは冷たい」。
「何が冷たいのよ。普通の女性なら恥ずかしくて自分で洗うわよ」って言ったら
黙ってたけどね。

869: 名無しさん@おーぷん[sage] 2019/02/21(木)23:10:57 ID:N6Z [2/2回]
ひとつひとつは小さなしょーもないことだけど
もともと何年も前から旦那との間に深い溝が出来ていたから余計にイライラ。
決定的になったのは、娘(小4)がソファに座ってテレビ見てたら
義妹が「どけよ」って蹴っ飛ばしたのね。
3人掛けの真ん中に座ってたから、寝転がるのに邪魔だったみたいで。
「何すんのよ!足で人を蹴るなんて、そんなことするなら今すぐ出てって」って言ったら
旦那がすっ飛んできて「まぁまぁまぁ・・・」って。
娘には、サッカー以外で足で人や物を蹴ってはいけませんって躾してるから
あんな下品で行儀の悪いことをしてほしくない!って言ったら
「そんな大袈裟な~、あとでおまえが娘に言い聞かせりゃいい話じゃん」って。

それで
「なに?前から思ってたけど、あんた義妹になんか弱みでも握られてるんじゃない?」って言ったら突き飛ばされた。
娘の前で言うべきことじゃなかったのかも知れないけど
こんな場面でも娘や私より義妹の肩を持つって、どう考えてもおかしいし。
そもそもなんで旦那もこんなデカい態度でいられるのか。
8年前にリストラされて、その後就活するもどこもかしこも不採用で
自分の奨学金すら払えなくなって、一括で私が立て替えた。
もちろん借用書も取ってある。
なんとか仕事が見つかったとは言え、パートで収入は大卒の初任給にも満たない。
今の生活はほぼ私の収入でもってる現実があるのに
カッコつけて義妹が帰る時に「タクシー代」とか言って小遣い渡してるの。アホちゃうかと。

娘を足蹴にされた時の一件でもう我慢できなくなって離婚を申し出た。
カッとなったみたいで「上等だ、いつでも判押してやる」って言われたから
速攻で緑の紙貰ってきて渡したら「いや、勢いで言っただけで・・・」とか言ってんの。
「娘もいるんだし、せめて花嫁姿見てからにしないか?」とか言い出して
「娘が蹴られても平気でいられる父親なんかいないよ!」って怒鳴ったら叩かれた。
それから調停だなんだで半年かかったわ。
娘は離婚するって話したら私についていくって即答してくれた。
財産分与から貸したお金を差っ引いたら殆ど旦那には残らなかった。
でもまあ男一人ならどうにでもなるでしょ。
「困ったら義妹ちゃんを頼れば?」って言ってやった。

時々、婚約中の人からの、この相手と結婚してもいいのだろうかって相談を読むけど
ああいう人が無茶苦茶羨ましい。(語弊があったらごめん)
あいつも結婚前に自爆してくれればよかったのに。
娘を授かったことだけは感謝してるけどね。
870: 名無しさん@おーぷん[sage] 2019/02/21(木)23:43:43 ID:y1h [1/1回]
離婚成立おめでとう?
娘さんと二人でこれからうんと幸せになってください。

甲斐性なし&見栄っ張り&シスコン三重苦の元旦那は
ゲス妹もろともこれから人生の坂道ゴロンゴロン転がり落ちるでしょう。
873: 名無しさん@おーぷん[sage] 2019/02/22(金)06:55:36 ID:mQo [1/1回]
離婚乙!娘と一緒に幸せにね!
旦那は一生義妹と不幸になればいい。

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その26】