gazou_0432

468: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)20:10:10 ID:EaS
あるスレで私達のことだろうと思われる書き込みを見たのですが、
そのことで書き込んでもよろしいでしょうか?
470: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)20:15:12 ID:EaS
【女の復讐】頭の血管が切れた男が入院。そんな男の耳元で奥さん達が『病気なのは自業自得。お祈りしなかったからだ』と囁き続けた。カルト宗教に走り家庭を蔑ろにした男の結末
こちらの書き込みに出てくる長女がおそらく私の事だと思います。
書き込んだ方には大変ご迷惑をおかけしました。
父を移動させることができず、個室もありませんでしたので、二人部屋の方にご迷惑をおかけしてしまいました。
472: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)20:19:18 ID:8UX
お父さん、現在、どうですか?
474: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)20:26:43 ID:IPj
障害が残りました
高機能障害ですが、障害者にはあたらないので一生誰かの助けにすがりながら生きるしかないでしょうね

475: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)20:27:55 ID:IPj
私が書き込みたかったことは、熱心なカルト信者が病気になったとき、カルトがどう動くかです

482: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)21:03:37 ID:dy3
カルトの被害を書こうと思っています
嫌いな方は見ないでください

宗教の影響は、はじめは保険の解約から始まりました
父は母がかけていた終身保険を神様への献金が一番の保険だと教え込まれ、いつの間にか解約していたんです
三大疾病で一時金が出る保険もすべて解約されていました
献金さえしていれば無病息災だと信じていました
父の医療費は今のままでは借金となって私たちに覆いかぶさってきます

父が倒れてからはカルト宗教絡みの人から電話がかかってきました
もちろん父の心配ではありません
私達家族が誰も信仰しなかったことを非難する電話です

そして次に出てきた言葉は
「先生が 御 神 体 をとても心配なさっています」

父を心配する言葉など一言もありませんでした
そして御神体を誰も触っていないと知ると
「支部の男性が毎日御神体をお世話しにそちらの家に行きます」

女三人しかいない家に、しかも私は障害で何かあっても抵抗できないことを知った上で、
毎日知らない男が行くから家にあげて饗せというのです

さらに求められたことは
「薬は毒だから今すぐ父を退院させ、入院にかかるための費用を献金したらどうか」。
病院は患者の身の回りの世話は家族がしてくれという方針で、
毎日家族が見舞いに行き、着替えや歯磨きや片付けすべてしなければならず
それぞれの生活を犠牲にしてまで電車で片道一時間かかる病院にまで毎日世話をしに行っていました
父はカルト宗教では世話人という役割で、時間があれば誰かのお世話に行っていました
母が肺炎にかかったときも、妹が車に轢かれて救急車で運ばれたときも、
「明主様が助けてくれる」と宗教の方に走りました

しかし父が世話が必要な立場になると、世話人が来るどころか上記のような電話をよこすだけです
そしてそれを父に伝えても、父は頑なにカルト宗教のお守りを手放そうとしませんでした
家族や自分のことよりカルト宗教なんです
カルト宗教は本人だけでなく、家族もぶち壊します
母は離婚を決めて動いています
むしろこうなる時を狙っていたようにさえ思います

父は今でも「家族のための信仰だった」と言って譲りません
私たちにすれば、こちらに責任転嫁するなという話です
カルト宗教を信仰したところで、
友も失い、職も失い、家族も失い、最後には宗教から後ろ足で砂をかけられ
最後には何も残らないという素晴らしいモデルケースを残せたことだけが父の存在価値であると思いましたので、ここに書き残します

479: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)20:37:25 ID:8UX
俺は気になるなー宗教狂いのクソ野郎が破滅するまでの過程

486: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)21:12:36 ID:dy3
申し訳ないですが、私達自身が宗教に狂ったわけではないので末路はわかりませんよ
それを知るのは父だけです

引用元: ・スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part72